イメージ

イメージ

2016年12月20日火曜日

2016年葵金融会総会・懇談会の模様

2016123日(土)、アルカディア市ヶ谷・富士の間にて葵金融会総会・懇談会を開催いたしました。今年度は、金融業界を目指す在学生141名(うち内定者23名)、金融業界にお勤めの卒業生89名が集い、大変賑やかな会となりました。お忙しい中、在学生のためにお集まりいただいた卒業生の皆様には心より御礼申し上げます。

  講演会では、「金融業界の職業選択と就職活動について」のテーマで、卒業生1名、2017年度内定学生1名の計2名の方にご講演いただきました。まず臼井和弘氏(昭63卒・三菱UFJ信託銀行株式会社)からは、「信託銀行の役割と東経大生に向けた大いなる期待について」という副題で仕事の魅力や体験談など、就職活動を始める学生たちにとって貴重なアドバイスを頂戴しました。その後、菊地涼太さん(経済学部4年)からは、これから始める就職活動で大切にしてほしいことなどご自信の経験に基づいたお話しをいただきました。

 その後の懇談会では、今年度金融業界に内定した参加者総勢23名が全員一言挨拶を行った後、これから就職活動をスタートさせる在学生が、出席者の名簿を片手に卒業生や内定を受けた4年生との面談を求めて積極的にアプローチし、熱心にメモを取っておりました。3年生にとっては、金融業界で豊富な経験をお持ちの先輩方の生の声や貴重なアドバイスを聞くことができ、今後の就職活動に向け非常に参考になったことと思います。

 この会に参加した3年生が、来年は内定者としてこの会に参加し、就職後はOBOGとしてこの会に参加してくれることを願っております。